脱毛サロン 断られる

脱毛サロンでは脱毛できないこともある

せっかく脱毛サロンに行ったのに、脱毛できないと断られてしまうケースがあります。

 

まず無料診断、無料カウンセリングで、肌が弱くて脱毛に耐えられないと判断された場合は、脱毛することができません。

 

これは最近多くの事故につながっているので、少しでも「肌が弱い」と思っている方は、必ず無料カウンセリングの際に申告するようにしましょう。

 

傷跡や手術の痕がある場所も脱毛することができません。

 

私の知り合いで、下腹部に手術痕があったのですが、かなり古いものではありましたが、その部分だけは脱毛を受け付けてもらえませんでした。

 

それから、インプラントが入っている方は、口の周りの脱毛を行うことはできません。

 

口の周りのいわゆる「ヒゲ」を気にしている女性は多いと思いますが、インプラントの場合は脱毛できませんので注意してください。

 

特にインプラントは見た目ではわからないので、自己申告がすべてです。必ず申告するようにしてください。

 

このように、意外にも脱毛できない条件というのは多いものです。光脱毛というのは、黒い部分に反応するものなので、ほくろやイボがある場合は脱毛できないということを覚えておきましょう。

 

脱毛後の肌トラブルに悩まされることが無いように、脱毛後のケアもしっかりと行うようにしてください。

 

補足になりますが、脱毛を行った後は肌が熱を持ちます。ジェルやクリームを使ってしっかり肌を冷やすことが大切です。

 

銀座カラーでは肌を冷やしながら保湿もできるサービスが充実しています。

 

無料カウンセリングではそのあたりも詳しく聞いてみてください。その他、痛みを感じやすい部分は脱毛を避けてください。痛みを感じるということは、体が「危険」という指令を出しているのですから。