脱毛中の自己処理の注意点

脱毛中の自己処理はよく考えてお肌に優しく

脱毛サロンに通っている時の自己処理について、解説していきます。

 

脱毛サロンに通っている間のムダ毛処理は、すべてシェービングによるものとなります。毛抜きなどで抜いてしまうと、サロンに行ったときに施術できなくなってしまうほか、肌に大きな負担をかけることになります。

 

シェービングも、脱毛サロンに行くことを考えて、優しく丁寧に、多少残ってしまっても肌を傷つけたりすることの無いように十分に注意してください。処理が終わった後は、必ず冷やしたり、保湿ケアを十分に行うようにしましょう。

 

毛の周期というものがあり、脱毛をして抜けた毛が一定期間で再度生えてくることがあります。脱毛サロンに通うのはその毛周期の間隔になりますので、1ヵ月から3ヵ月おきになります。

 

サロンに行く前は、特に優しくシェービングを行っておきましょう。サロンでも施術前に処理をしてくれるのですが、時間がかかってしまうので、サロンでのシェービングは補助的なものとお考え下さい。

 

脱毛サロンで施術をしたら、最低でも2日間はお肌が相当敏感になっている状態なので、シェービングはもちろん避けること、そして体を洗うときも、日焼けしてヒリヒリした肌を洗うように優しく触る程度にしましょう。

 

補足ですが、脱毛サロンでの施術の後は、アルコールを控えてください。施術後のケアが脱毛効果に大きくかかわってきますので、カウンセリング時の諸注意を必ず守って、短期間で大きな効果を実感できるようにがんばりましょう。

 

デリケートゾーンの脱毛をご検討中の方は、サロン通いを続けている間、特に清潔にすることを心がけてください。デリケートゾーンが蒸れた状態になると雑菌が繁殖しやすくなります。

 

肌が弱っているところに、摩擦や雑菌などが入ると、黒ずみの原因になることもあります。特にご注意ください。

 

⇒銀座カラーの無料カウンセリングの詳細は